FX業者で稼ぐための証券会社選び

取引が24時間できるFXの魅力

投資というと株式投資や債券取引などの印象を持たれている方も少なくはないと思いますが、 取引の時間に制限があったり、銘柄を選ぶのに神経を使ったりと初心者には難しい面もあります。 投資に関してそうしたお悩みを抱えているという方には、為替取引の中でもFXが非常に便利なものとなっており、 普段は本業の仕事があるという方でも、FXでは24時間の取引が可能になっておりますので、 仕事から帰ってきてから少しだけ取引をするということも可能になってきますし、 移動中等でもスマートフォンからインターネットに接続できる環境さえあればアプリなどを使用することで、 リアルタイムでFXトレードに参加することができますので魅力が非常に大きなものであると考えられます。 FXの大きな特徴として挙げられるのは、世界中の通貨を対象にしてオンライントレードが出来るということであり、 時差を上手に活用することで土日以外であれば24時間いつでも取引できるという点にあると考えられます。 さらにFXでは売り注文も買い注文も出来るようになっておりますので、円安の局面であったとしても、 また逆に円安の局面であったとしても利益を狙って取引を行えるということで利益確定がしやすい投資でもあります。 さらにFXにおいては短期取引で利益を出せるのはもちろんですが、通貨取引においてスワップポイントと呼ばれる 金利差による利益も得られるようになっておりますので、長期取引によって金利差益を狙うという方法も注目されております。 世界的に見ても日本円は現在低金利でありますので、高金利通貨のポジションを保持しておくことで得られるスワップポイントで、 金利による利益を享受するというのは大きなメリットを持っている要素であると考えられます。 FXでは通貨ペアの選択や、トレード期間を始めとして個人によってトレードスタイルが異なってくるものでありますので、 まずは自分に合ったFX取引のスタイルを見つけるということが大切なものになってくると考えられます。
おすすめサイト:FX業者選びならココがオススメ!たったの100円で始められる?!

日本格付け引き下げにより、米ドル円が上昇

フィッチが日本格付けを前回より引き下げてAにしました。それをヒントに米ドル円は119円前半から119.40辺りまで上昇しました。格付け発表で影響を受けるのは、米ドル円に限った事ではありません。過去、豪ドル円でもそういうことがありました。格付けが引き下げられたことで不安定な値動きをしました。一瞬上に噴いたかと思ったら、勢いよく下落していきました。よし、売ろう!と売りを持ったことがあります。でも、残念。それは一時的な動きで、翌日は発表前の水準まで戻していきました。格付け発表によるトレードは失敗に終わりました。米ドル円もそうですが、一時的な動きになることが多いです。現在、119.10を米ドル円は推移しています。発表前の水準と近いです。噴き上げたところで売りをしていれば勝てていたことになります。本日の東京時間での米ドル円の安値を見てびっくりしました。119円ちょうどのところで下落が食い止められています。だけど、119円を割っていきそうな予感がします。ほとんどの場合、わざと価格を割ってその後上昇させるという動きをしています。やばい!と損切りさせてから再度上昇するケースが今までの経験から多いと感じます。米ドル円は安値圏での推移ですが、豪ドル円は高値圏での推移を継続しています。いつまで強い豪ドル円が見られるのか?だけど、この上昇、なんか危なそう。あまりついて行きたくありません。このトレンドが崩れると一気に下落していきます。豪ドル円は下げがとにかく早いから気を付けなきゃです。

むさし証券トレジャーネットの特徴

大証FXでは、取引の透明性・公正性が際立って高く、証拠金の安全性も確立しています。さらに税制面でも様々な配慮がなされており、投資家に優しいFX業者です。大証FXは「取引の透明性・公正性」「証拠金の安全性」「税制面での3つの特徴」に注目すべきFX業者です。

大証FXの取引は時間優先、価格優先の原則に基づいたオークション方式で行われており、このオークション方式とマーケットメイカー制度を融合させています。またスワップポイントの受取額と支払額が同一の金額であり、公平で透明性の高い市場となっています。

証拠金の安全性にも定評があります。投資家が差し入れた証拠金は、全額大証に預託され、分別して管理されます。万が一取引業者が破たんした場合でも投資家の証拠金は守られます。また、大証に預託されている証拠金の残高は、投資家自ら大証のホームページで直接照会、悪人出来るというサービスをFX業界で初めて実施しています。

税制にも配慮が為されており、他の所得とは区分して課税される申告分離課税で税率が20%であること、他の取引所デリパティブ取引と損益を通算できること、3年に渡って損益の繰越控除が可能である事などが挙げられます。

アイネットFXの特徴

アイネットFXは投資家が様々な取引スタイルで取引が出来るように、様々なサービスを提供してくれるFX業者です。同時にスプレッドや取引手数料にも配慮がなされており、コストを削減することができます。アイネットFXには複数のメリットがあることから、支持を得ています。

・豊富な取引コース
投資家の投資スタイルに合わせて1〜25倍の様々なレバレッジでの取引が可能です。チャンスと判断した時にハイレバレッジをかけることで着実に利益を生み出すことが出来ます。

・豊富な通貨ペア
ドル、ユーロ、ポンド、豪ドルなどのメジャーな通貨はもちろんのこと、ノルウェークローネなどの明なー通貨も取り扱っています。様々な通貨ペアでの取引を可能にしています。

・上限を設けたスプレッド
取引ごとにかかるコストであるスプレッドに上限を設けています。通常のFX会社ではスプレッドは常に変動するものですが、上限を設けることでスプレッドが大きくなり過ぎないというメリットがあります。

・取引手数料無料
取引手数料は完全無料です。此の事によって投資家は取引にかかるコストを削減することが出来ます。

・全額信託保全
全額信託保全を導入することにより自社と投資家の資金を明確に区別しており、万が一アイネットFXが倒産した場合などにも、投資家の資金は守られます。

ライブスター証券 ライブスターFXの特徴

ライブスターFXには、投資家にとって様々なメリットがあります。提供される様々なサービスを受けることで、取引にかかるコストを極力削減し、利益につなげることができます。ライブスターFXには様々な特徴があります。それらの中でも特に注目すべきものが4つあります。

・業界最高水準のスワップポイント
ライブスターFXのスワップポイントは業界最高水準です。FXの取引には様々な形があり、スワップポイントで収益を出すことを目的としている人もいることと思いますが、そういった人にも喜ばれる水準を満たしています。

・業界トップレベルの低スプレッド
取引にかかるコストは、取引手数料とスプレッドを加算したものであり、スプレッドが狭ければ狭いほど投資家にとっては有利ということができます。ライブスターFXの提供するスプレッドは業界トップレベルの低スプレッドであり、コスト削減につながります。

・使いやすい取引ツール
ライブスターFXの取引ツールはマウスのドラック&ドロップだけで操作が可能な非常に簡易なものであり、面倒な操作は極力排除しているため、だれでも容易に使いこなすことが出来ます。

・取引手数料0円
通常取引には手数料が伴いますが、ライブスターFXでは取引手数料が0円であり、投資家はコスト削減をすることができます。

FXブロードネットの特徴

FXブロードネットの最大の特徴は、業界最高水準の低スプレッドにあります。低スプレッドの限界に挑戦しており、このスプレッドの低さが取引を重ねるうちに大きな効果を発揮してきます。FXブロードネットが支持されるのにはわけがあります。

まず最も注目すべきはスプレッドの低さでしょう。業界最高水準なのはもちろんのこと、低スプレッドの限界に挑戦しているともいえる数値を叩きだしています。例えばUSD/JPYのスプレッドはなんと0.3銭にまで抑えられています。

取引単位は1000通貨からで初心者にもやさしい設定となっており、レバレッジは1〜25倍と幅広く選択することが出来ます。また法人の場合はレバレッジは1〜400倍の選択が可能です。取引手数料は 1000通貨でも10000通貨でも無料であり、取引コストを抑えることが出来ます。スワップポイントは業界最高水準となっており、スワップポイント重視の利用者にも人気です。

独自に開発されたトレードシステムにも注目すべきです。操作の簡易性、優れた視認性、優れたレスポンスなどを備えており申し分のないシステムとなっています。モバイルでもシステムを利用することが出来るため、外出先からでもチャンスを逃さずに取引をすることができます。